スーツ姿の綺麗な女性

年単位で考えてみる

マネージメント

芝生に手入れをするなら、年単位で考えてみるのも大切なポイントです。早めにスケジュールを立てておけばあとから時間がない、と嘆くこともありません。また、専門業者に依頼すれば問題が一切なくなります。

Read more

増加する対象樹木

頭を抱える女性

伐採とはまさしく、余分な樹木を切り取り、必要な樹木へ栄養を与えたり、森林環境を維持したりするために必要な行動です。プロに依頼すれば、伸び放題になった樹木に対して適切な処置を行ってもらえると心得たいところです。

Read more

気をつけたいこと

大金を集める

草むしりを依頼するときに気をつけておきたいのは、例えば虫や害がある可能性について着目して、担当者を守れるようにすることです。重要な取り組みとして、社会や生活においては欠かせないため、安全な進行は必須です。

Read more

効果を得るため

お金と電卓

決して安くはないのですから、しっかり効果を得たいもの

防犯砂利は20リットルで800円前後から販売されています。材質や大きさ量になどにより価格は様々ですが、実際20リットル程度では役には立ちません。 なぜなら1メートル×1メートルの面積をきちんと効果が出るように敷き詰めようと思ったら約50リットルの防犯砂利が必要になるからです。 この面積を皆様はどう思われるでしょうか、1メートル×1メートルの正方形を思い浮かべてみて下さい、大人の運動能力であれば楽に飛び越えられてしまう面積である事が分かると思います。 つまり砂利の置く場所と敷き詰める面積や形というものも、防犯砂利の効果をしっかり出すには必要な事なのです。 侵入されやすい窓まわりなどに敷き詰めたつもりでも、隣家の敷地と近すぎて飛び移られたら音がしないなんて事にもなりかねません。

防犯砂利は最初の設置が肝心

残念ながらただ防犯砂利を買ってきて敷き詰めるだけでは、最大の効果を得ることが出来ません。敷き詰める場所への下準備をきちんと行う事が少ないメンテナンスで長く効果が保てるのです。 コンクリート部分ではなく土に敷き詰めるなら、防草シートなどを敷きその上から敷き詰めます。この時砂利の厚みは4センチを超えるようにしましょう。先にお話しした1平方メートルに防犯砂利50リットルを目安にすると、厚みを確保する事が出来ます。 そして一歩またはジャンプすれば飛び越えられない広い範囲に敷き詰めます。ここをしっかりしないと簡単に越えられそうな防犯砂利見た泥棒に、あなたのお宅を大して防犯意識が高くないと判断されてしまう可能性があります。 折角購入して敷き詰めるのですから、最大限の効果が出るよう設置しましょう。

Copyright © 2015 防犯砂利か芝生か伐採や草むしりのあとの選択肢. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加